アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング・にほんブログ村に参加しています。
記事中にブログランキングに関するボタンがあります。
気に入った記事がありましたらボタンを押してくれると幸いです。



Google検索
Twitter


アマゾンサーチ
       
QRコード
QRコード
今日もいまのところネタが少ないですね。
せっかくいっぱい人が来てくれるようになったのに、記事が少ないのでまた減ってきてしまいました。
やはりNGP向けにブログを立ち上げるのは早すぎたか。
NGP向けといいつつ今のところ各種携帯機情報ばかりですが・・・。

さて、Gooランキングで3DSを見送った理由ランキングが掲載されました。
1位はやはりみなさんが考えているだろう理由です。



1位は当然でしょう。携帯機にしては高すぎます。
PSPと比べ性能が劇的にアップしたとは言いづらいですからね。
9千円近くの値段の差は大きいです。
NGPは性能が上がったといっても高くすると初期のPS3のようになってしまう恐れもあるので、値段設定は慎重にお願いしたいところです。

3位・4位は携帯機での裸眼立体視の問題点でしょうか。
ちなみにゲーム機で良くいわれる3D酔いは3D立体視とは関係ありません。3D表示のゲームで見られる症状というだけで3D立体視のゲームだから酔うというものではありません。
新しい言葉を作ってどっちの影響で酔うのかわかりやすくしてもらいたいところです。

5位はなんと贅沢な(ノ`Д´)ノ
任天堂ソフトがないというだけでそれ以外は豪華なローンチです。ただ、任天堂系のハードで遊んでいた方にはあまりなじみのないゲームかもしれません。
任天堂系ハードに求められるのはやはり任天堂のゲームなのか。

6位は至極当然な意見です。欲しいとき・必要なときに買う。これが一番です。

9位は今のゲーム機ではもうしょうがありませんのであきらめましょう。
高画質になるほどCPUなどのパワーが必要になりますので電気を食うようになります。
一方でバッテリーの進化はそれほどなされていないようです。
長時間の使用を実現するためには、現状はバッテリーを大きくして対応するしかないようです。
そもそも3DSの立体視は揺れる場所では使うことが難しくなるので、携帯機といいつつ家で使用するのが一番だと思います。

DD的に大問題と思っているのが2位のDSで満足しているというものと、7位のソーシャル系で満足というものです。
これらの人たちにどうやって3DSひいてはNGPの良さを売り込むのか?
興味のない人に売り込まないと市場の拡大にはつながりません。携帯機は電話機と違ってこんなにすごい体験ができるのだぞということを示せない限り3DSやNGPに興味を持ってもらうことはたいへんではないでしょうか。
グラフィックの美しさは興味のない人にも売り込みやすいと思うのですが、ほかにも興味を引きやすい何かがあればいいのでしょうけどそれが簡単にわかれば苦労しないんですよね。

「新しい体験」、これを如何に言葉で伝えられるかがポイントだと思っています。
PS3のソフトになってしまいますが、アンチャーテッドなんかはゲームの新しい次元を開いたと感じさせてもらったなぁ。

ほかにも3DSとNGPどっちを買う?という質問がありましたが、こちらは3DSが圧勝です。
そりゃ、認知度が違いますからね。ゲーム好き以外NGPなんてなに?状態でしょうし。
これから宣伝して盛り上げていくと思うのでDDは心配してません。
ニンテンドー3DS アクアブルーニンテンドー3DS コスモブラック
人気ブログランキングへにほんブログ村 ゲームブログ 家庭用ゲーム機へ
スポンサードリンク
記事検索
ソニーストア新着情報
RSS Reader
Subscribe with livedoor Reader
Add to Google
google-site-verification: google02dd7226926f1cea.html
  • ライブドアブログ